[Aviutl初心者]お手軽テロップ[スクリプト]

2020年5月10日

初心者向けAviutlスクリプト『お手軽テロップ』の使い方を説明します。
Aviultを使い始めて、動画にテロップ(字幕)を入れようと思った際に、導入してもらうと、そこそこの見た目のテロップを簡単に作成することができます。

 

ダウンロードとインストール

こちらのページよりダウンロード・インストール方法を確認して下さい。

使用方法

Aviutlの拡張編集画面で、「右クリック」し、「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」を選択して下さい。

テキストを追加したら、①右上の+ボタンをクリックし、「アニメーション効果」エフェクトを追加します。

一番下の②種類の選択で、『お手軽テロップ』を選択します。

③テキスト入力欄に、表示したい文字を入力し、④フォントを変更後、⑤サイズを調整して下さい。(この時、⑥拡大率で調整しないようにして下さい。拡大率で調整すると出来上がった文字が粗くなります

⑦文字位置は「中央揃え[中]」が良いと思いますが、他を選択しても問題ありません。

ここでは、⑧「影付き文字」「縁取り文字」は選択せずに、「標準文字」を選択して下さい。

⑨「文字色の設定」は不要です。変更しても、『お手軽テロップ』が変更しますので、無効になります。

これで、準備が整いました。

⑩『お手軽テロップ』の設定に入ります。
[タイプ]14種類のパターンがあります。お好きなパターンをお選び下さい。
(下の画像で14パターンが確認できます)
[色]9種類の色が登録してあります。色1~6は、様々なシーンで使いやすい色ですので、お勧めです。7~9は背景の状況に合わせてお使い下さい。
[サイズ1・2]サイズ1は内側の縁取りの幅、2は外側の縁取り(影・ぼかし)の幅となります。

色1~5
色6~9

まとめ

かなり簡単に、テロップの装飾ができるスクリプトです。
初心者の方で、自分でフィルタを設定するのに慣れていなかったり、見やすいテロップの配色が見つからない方は、ぜひお試し下さい。